士業を通じたマッチングツアーinシンガポール&ジョホールバル


 

 

今はとんでもなく忙しいけど、

将来の市場縮小に漠然とした不安はありませんか?

 

私(松尾@税理士)も、これから人口が減ることに対して純粋に、漠然と不安があります。

 

大きな変化が待ち構える時代ですが、地域経済の根幹である「雇用」を支えているのは地域の中小企業であることは変わることのない事実です。

 

ビジネスの基本は信頼関係。

人と人とのつながりです。これも変わることはないでしょう。

 

 

わたしたち「士業」の特性として、

 

「信頼できる○○屋さん、紹介してよ」というようなご依頼をしばしばいただきます。

 

その士業の海外ネットワークを使えば、

同じ国・近い地域にいるもの同士の信頼関係を海外にまで広げることが出来ます。

 

特に海外進出を支援したいわけではありません。

海外進出はリスクもコストも大きく、実は最後に考えるべきことです。

 

 

海外進出ではなく海外活用です。

これは国内にいながらできるのです。

しかも100%日本語で。

 

 

奈良の中小企業のために、「士業」という信頼のフィルターを通して、

 

・皆様が当たり前にやっているコト(企業価値)と

・海外のお困りごと(課題)を

・マッチングするツアーを企画しました。
地域の中小企業が当たり前にやっている

「やり方」

「社員教育のしかた」

「メニュー開発のしかた」

「現場管理のしかた」

「技術」

「商品」

そういった価値を売るイメージ。

 

 

例えば

カーシャンプーというモノを売るのではなく、

高級洗車という技術を輸出する。

 

例えば

現地に投資をして学校を建てて経営するのではなく、

現地の学校に教育プログラムや講じている安全策、リクレーションを輸出する。

 

これを私(松尾)は勝手に「企業価値の輸出」と呼んでいます。

 

海外進出しても、その資金を還流させない限り日本のGDPに貢献しませんが、

輸出は即、日本のGDPに貢献します。

企業価値の輸出は結果として日本の、地方経済の、GDPにも貢献することになります。

 

 

私どもがつちかった信頼性の高い海外士業を通じ、

マッチングの可能性を探ってください。

100%日本語で大丈夫です。

 

 

いきなり値段や商品から入るのではなく、

信頼の人脈をたどって自社のやり方(企業価値)をお伝えし、

企業価値の輸出の機会をさぐりませんか?

 

 

前回のツアーの様子です。

2年ぶりとなる前回は5名の経営者にご参加いただきました。

IMG_1240

 

学校を訪れ、国の根幹である「教育環境」を知り、

IMG_1245

 

シンガポールから奈良が学べることを考え

IMG_1244

異国の会計事務所とも話し合い、

IMG_1246

地元経営者の朝会にもお邪魔してナマの情報を得、

IMG_1212

シンガポール国内で20店舗以上もの飲食店を展開する経営者とも時間をともにしました。

IMG_1242

 

こうやって一度足を運んで作った絆は、

通信手段の発達した昨今はずっと活きてきます。

 

シンガポールはすごいよな、で終わらずに、「で、奈良の企業はどうするの?」

という視点をもって行動する。

 

その行動を「奈良ASPO(アジア士業共同体)」のネットワークで支援していきます。

IMG_1215

 

 

地方の中小企業にこそ海外活用の機会を。信頼できる情報を。

地方にこそ、そこにしかない価値があります。

 

 

 

「海外は実感がない」

「どんなもんか分からないし。。。」

という方は事前のSkypeミーティングのみでもまずはお試しください。

 

Skypeミーティング

・人材不足で悩んでいるけどなにか解決策はないか?

・こういう固有技術があるけど現地にニーズはないか?

・こういうモノを作っているんだけど現地でニーズはないか?

・現地の○○業界はどんな感じか?

 

ざっくばらんにシンガポールとジョホールバルの現地士業にお尋ねいただき、

彼らがそのクライアント様や現地パートナーに可能性を探ってくれます。

当然、ミーティングは奈良でやります(@天理)し、100%日本語です。

ジョホールツアー_01

ジョホールツアー_02

事前にSkypeミーティングしてある程度お伝えした上で、

現地でじかに会ってミーティングをした方が時間効率はグンと増すと思います。

 

9月の3連休の中日(なかび)早朝には帰国できますので、

翌週早朝からバリバリいつも通り仕事ができます。

お申し込みはこちらです↓

 

(まずは「事前Skypeミーティング」から、と言う方もこちらからお申し込みください。)

 

お申込みフォーム

企業名
参加者名
電話番号
FAX番号
メールアドレス

ツアーにお申込みされますか?
よろしければチェックをつけて送信してください。

http://flight.or.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です