機械を買っていいですか?って聞かれたら。。。


今日はお客様のところで財務報告をしてきました。

社長さんはじめ、常務、部長、各課長さん、、、と

本当に勉強熱心です。こっちも気合入ります。

そこで、

「ウチ、まだ機械買おうと思ってるんですけど

大丈夫ですかね?」

っていう質問。

・・・固定長期適合率しだいですね。

買えるだけのキャッシュはあるのですが、最近、

「固定長期適合率」が高め。

これって人間に例えると「貧血気味かどうか」

「血(キャッシュ)のめぐりがいいかどうか」

判断する時の大切な指標です。

100%超えると控えた方がいいと思います。

っていう話をしてきました。

財務分析の大・大・大原則。

断面ではなく「傾向」で見る。

ひと月だけ切り取って財務分析してもダメ。
決算書だけ見て、とか。

月々の傾向で見ることが大原則です。

今日の会社さんは、
固定長期適合率が「上昇気味
だったわけです。

毎月データを取っているからこそ、
「傾向」がわかり、

会社をつぶすことのない
「正しい判断」ができる。

改めて実感しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です