「利益」のもつふたつの意味。


「利益」とは
その会社の「存在価値」
これは有名な話です。
 
株式会社○○さん、経営をしていてくれてありがとう!って人がたくさんいれば、
株式会社○○も利益が出る。
 
存在価値が高ければ高いほど、
利益は伸びるわけです。
 
もう一つ大切な側面。
 
それは「先行指標」ということ。
 
何の?
 
キャッシュの。
 
このさきお金がどうなるのか、その先行指標。
 
赤字が続けばお金が足りなくなるので、
借入をしないといけない。とか、
支払いを先のばしにしなきゃならん、とか
もっと集金せにゃならん、とか、
 
とにかく将来のキャッシュポジションの
先行指標となる。
 
利益と現金は違うやん。
 
ちがいますよ、そりゃ。
 
利益は「売った、買った」ベースでカウントします。
現金は「集金した、払った」ベースでカウントされます。
 
基準が違うわけです。
 
なんで、現金の動きとは別に、
「売った、買った」ベースで
カウントせにゃならんか。
 
先を読むためです。
それが「先行指標」の意味合い。
確かめるためです。自分の商売のやり方が良いか悪いか。
それが「存在価値」の意味合い。
 
フライト代表の松尾は、
貸借対照表バカと思われがちですが、
損益計算もまた大事にしているワケです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です