中小企業の「攻めと守り」セミナー


田原本町との業務連携第一弾セミナー。

二部構成で実施しました。

 

お客様の声

・事例紹介だったので参考になった。

・アジアのマーケットが身近に感じた。

・トライしてみたい。

・古い考えよりも新しい時代の流れを取り入れることが必要と感じた。

・数字が具体的で良かった。

・海外進出の考え方が変わった。

・日本の強みをどんどん海外に発信していくべきと感じたし、それをサポートして頂ける体制があることを多くの中小企業の経営者に知って頂きたいと思った。

・個人的に、外国人労働者には抵抗があったが、検討に入れるのもアリかなと思った。

・海外を利用しよう!

・初めて聞く話ばかりで面白かった。

・海外情報の共有に感謝します。

 

で、肝心の中身。

↓↓↓↓↓↓

一部は

中小企業の海外活用事例セミナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

事例は全て中小企業。

一番多くても20人ほどの会社。

・外国人労働者の雇用

・ホームページの英語への翻訳

・免税ショップの許可をとる

・海外販路の開拓

現地法人をつくって。。。という

海外進出は、海外活用の最終形であって、

むしろそこから始めない方がいい。

そんなに甘くないから。

 

まずは日本にいながら海外との接点をつくってほしい。

そのためにまず可能性を認知してほしい。

そんな第一部でした。

 

二部は

「社会保険の基礎知識」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近、「社会保険料を削減します!」みたいな

営業がまかり通っており

ホントにいいのか?

具体的に何をするの?

デメリットは?

 

プロから見た「削減」方法は?

 

を奈良ASPO(アジア士業共同体)のイケメン社労士から。

 

そして最後は奈良ASPOの目的。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

経営を守る。

それだけ。

それが地域を守ることにつながるから。

 

士業(弁護士/税理士/弁理士/社会保険労務士etc..)連携

行政連携の価値。

 

さらに広げていきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です