会社をつぶさないための財務セミナー


奈良県内各地の商工会・商工会議所の

「経営指導員」むけのセミナーでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会社はつぶれるようにできている

といいます。

 

そうならないように

セミナー目次

↓↓

・経営の入り口には誰でも立てる
・限られた5つの出口
・価値ある出口にたどりつくために
・単なる過去情報を経営情報に変える
・儲かっているとはどんな状態?
・こうすれば誰でもわかる、貸借対照表
・こうすれば誰でもわかる、損益計算書
・それでも分からなければこうやって考えよう
・貸借対照表と損益計算書のつながり
・利益とキャッシュの違い
・メインバンクとはどんな銀行?
・利息を全部でいくら払うかアッというまに分かる
・金利を表面の金利で考えてはいけない
・知らなきゃ損!異常点の見つけ方
・これだけは知っておいてほしい財務指標
・決算書のネガティブ要素を排除せよ
・貸借対照表で避けたい5つの科目
・キャッシュを4つに色分けする
・ほとんどの経営者が言えないこの数字
・こうすれば誰でもわかる、収支計算の立て方
・利益を出すための4つの手法
・「値決めは経営」と言われるワケ
・値上げの効果、値引きの怖さ
・値引きでいくらの増収が必要かアッというまにわかる
・自分の立ち位置チェックリスト
・分かる、使える、見通せる、の先にあるもの
・計画とは予想ではない
・経営の出口ごとの論点
・個人事業から個人事業へ引き継ぐときの論点
・個人事業に承継という概念はないから注意
・個人事業から法人へ引き継ぐときの論点
・ここも気をつけた方がいい!実務上の論点
・後継者教育に最適な手法とは
・別会社、子会社のメリットデメリット
・資金調達の選択肢
・資金調達に考えないといけない5つの視点
・無借金経営は目指すべきか
・収支計画をたてる順序
・会社の「設計」5つの論点
・資本金、決算月、役員、株主はどうしたらいいのか
・どこにどんな税金がかかってくるか
・節税の目的
・税務調査に対する考え方
・マイナンバーで税務調査はどう変わるか
・超高齢化社会な税理士業界
・税理士試験に合格した税理士は半数もいない現実
・税理士を選ぶ時のチェックリスト
・海外進出と海外活用はどう違うか
・これでも海外との接点は必要ありませんか?
・100%日本語での海外活用方法
・経営計画における「仏と魂」
・数字はあくまでごく一部分と認識しよう
・計画をつくる意味
・変わることは変わらない

本気の財務

わたしたちの「やり方」が奈良県じゅうに

広がることを、期待します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です