価値観は、価値感とは書きません。

投稿日:

価値観とは、どんなことに価値を感じるかではなく、

価値を生み出すための観察眼を言います。

感覚ではなく【観察眼】なんです

この世に「強み」のない企業なんてありません。
気付いていないだけです。

不景気で倒産した企業もありません。
変化に対応できなかっただけです。

変化に対応するための観察眼を鍛えること。
それはすなわち、事業の「定義づけ」をすることから始まります。

例えば、税理士業を「申告の代理業」ではなく
「社長の意識変革業」と事業を定義づける。
「あんたに会えて良かった!」と言って頂くってことですね。

事業の定義づけは自社にとっての
「究極の顧客満足は何か?」を考えることから始めます。

もしかすると、その「顧客満足の定義」に、はじめは賛同しないお客様もいらっしゃるかもしれません。

でも、「違う」からこそ価値が生まれるのです。
お客様との対話が生まれるのです。

価値は「違い」から生まれるものです。

まずは恐れず、楽をせず、我が社にとっての「究極の顧客満足」の姿を言語化(見える化)してみてはいかがでしょうか?

「事業定義づけのススメ」byフライト。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です